スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
微妙なマジシャンしんじ
スポンサー広告


僕の趣味
久々のブログ更新です。

しっかし暑いですねぇ…。おかしくなりそーだ。

突然ですが、僕は趣味の一つに「模型制作」があります。

…でもって以前、焼き芋の屋台のプラモを造ってプレゼントした事があったのですが、その時に「大人塗り」と称して、その屋台が5年くらい使われているという設定で少しくたびれた感じを出すテクニカルな塗装に挑んだ事がありまして…。

結果、気合いが入り、かなりの出来映えになってしまったのですが、プレゼント用で、手元からなくなってしまうという事だったので、せめても…と、プレゼントする前に撮影しまくっておいたのです。

その話をこの前知人にしたトコロ、「見たいからブログにアップして」と言われました。
なので、今回はその大人塗りされた焼き芋屋の屋台のプラモデルのフォトギャラリーをブログのネタとして揚げさせていただきます。

何だか料理屋のブログにしては脱線し過ぎだろ!…って感じですが、まぁ…お付き合い下さい。

…で、画像はこれっす!(ど~~ん!)

※画像クリックで拡大表示されます
焼き芋屋台_01

100円玉の大きさから、その大きさがわかると思うのですが、手のひらサイズです。
ちなみに前述しましたが、5年くらい使っている屋台という設定です。

※画像クリックで拡大表示されます
焼き芋屋台_02

模型である為、上から見る機会も多いので、屋根、煙突などを特に意識して塗りました。

※画像クリックで拡大表示されます
焼き芋屋台_04

ちなみに、煙突の先端にはもともとT字のパーツが着いていたのですが、なんとも肉厚で格好悪かったので、いろいろ探したところ、丁度径のドンピシャなストローがみつかり、それに替えて整えました。
煙突の先端はすすけた感じを出すため、つや消しの黒を使い、仕上げは※ドライブラシで仕上げました。
スプレーガンも持っているのですが、何故か「筆塗りで仕上げてやる!」と意地?になってしまいました。

※ドライブラシとは、筆に塗料をほんの少しだけ着けて、ほとんど塗料が乾きかけている様な状態で塗る対象物に対し、トントンと叩く様にして塗料を塗る事で汚れ等を表現する技法。ここでは主に、煙突の先端のすすけた状態の表現に使っています。

※画像クリックで拡大表示されます
焼き芋屋台_03

屋根の汚れも細かい重ね塗りを繰り返して仕上げました。
此の頃はとにかく「屋根ってどんな感じに汚れているんだろう」…と、街中にいる時は、屋根ばかり見ていたのを覚えています。

※画像クリックで拡大表示されます
焼き芋屋台_06

ちゃんとサツマイモや焼くのに使う石?の為の荒めのパウダーが付属していました。
木蓋も淵にいく程だんだんと焦げている感じに仕上げました。(楽しかったなぁ~)

※画像クリックで拡大表示されます
焼き芋屋台_05

薪(まき)を入れる箱も、雨風にさらされ、汚れている感じに。

※画像クリックで拡大表示されます
焼き芋屋台_07

あえてローアングルで。

思ったのですが、直径1.5メートルくらいの100円玉を作って、本物の屋台の近くに置いて、上から撮影すれば、「すごく良く出来てるぅ~本物みたい!」って、だませるのでは!
誰か作って下さい(笑)

なんともマニアックな記事ですが、ブログを通して、知人に僕のマニアックぶりは健在だよ!という事をお伝えする意味も込めた更新でした。

ちょっとまとまりもないのですが、今回はこの辺で!

読んで下さった方、ありがとうございました。
スポンサーサイト
微妙なマジシャンしんじ
マニアック?ネタ
0 0

thema:おいしい店紹介 - genre:グルメ


comment
comment posting














 

trackback URL
http://seifunagomi.blog92.fc2.com/tb.php/154-b1d2be3a
trackback
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。