スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
微妙なマジシャンしんじ
スポンサー広告


たこ焼き屋の屋台のプラモ制作_02



ヨーカドーのポッポ にて、取材も完了したので帰宅し、制作…というか塗装作業にとりかかります。

まず、屋根から塗装を始めます。
「この様にしようと」 決めたテンションの萎えないウチに塗りにとりかかるのです。
ちなみにこちらが、まだ何も塗っていない状態の画像。プラスチックの地の色は茶色。

tako_007

水色に塗っていくと決めたのですが、そのまま水色にベタ塗りするわけではないので、パレットに少量づつ水色と白を出し、筆で混ぜる様にして塗ってきます。感覚としては水彩画の絵の具を扱う感じ?です。

tako_008

これは僕流の塗り方なのですが、薄めに調整した塗料を何度も塗るという手法でまとめていきます。
なので、この様に下の地の色が隠れない様な感じになります。

tako_009

「これじゃ、うす過ぎるだろう」 と言いたくなる様な塗料の濃度です。

とにかく全体に塗料をぬりたくり、下地を作り上げて行きます。この時のムラがまた、いい味を出す下地となるのです。

tako_010

地の色である茶色が透けている様な状態ですが、見方によっては、その地の茶色が屋根の汚れにも見えなくない感じがします。

何回も乾いては塗り、を繰り返し、なんとなくまとまってきたところです。
なかなかイイ感じになってきてます。

だんだんとまとまってきたので、今度は、汚れの表現もかねて、墨入れを行います。
角やエッジ部分に薄め液で薄めた黒を塗ります。塗ると言うより、筆先の塗料を置いていく感じです。これにより屋根の立体の輪郭も強調される効果も出ます。

tako_013

墨入れが終わり、ほんのりとさりげなく形の輪郭が強調され、立体感が増します。微妙な表面のくぼみにも塗料が流れてゆき、汚れの演出もできました。

tako_014

さて、画像を撮影してきた屋根同様、所々にサビを入れて行きます。
あまり薄めない茶色を筆先に着け、チョンと置いた後、下に向かって筆を滑らします。
茶色い筋がついたら、乾く前に薄め液や水でその筋をぼかしていきます。これにより、サビの茶色が雨により下に流れた時にできる茶色い筋を表現するのです。

tako_015

同時に思い切り薄くした茶色を表面にそっと塗り重ね、同じく汚れをつけていきます。
また、パレットに出しておいた白でもって、部分的にハイライトを落としていきます。これにより、さらに屋根の水色が色あせた感じになります。
ベースとなる薄い水色、ハイライトの白、汚れの黒、サビの茶色が乾いたり乾かなかったりするタイミングで筆を動かし、時間の経過と共にくたびれて行く屋根を表現していきます。この時の塗装の仕方、タイミングは正に感覚でリアルタイムに処理していきます。

こちらが反対側の画像。

tako_016

真上からの画像。ありゃ、ピントが甘い!(汗)

tako_017

塗りながら撮影していたのですが、せっかくなので外に持って行き、太陽光の下でこの屋根を撮影してみようと思いました。
その方がリアルな屋根の画像が撮影できるに違いないと思ったからです。

結果は…GOOD!

tako_018

手やランナーが写っているからプラモだってわかってしまいますが、これが屋根だけだったら、見た人全員を騙せるまでとは言わなくとも、パッと見、プラモだと思わない出来だ!…と勝手にうぬぼれてみました!(笑)
いかがでしょうか??

反対側の画像。

tako_19

寄り過ぎてプラモだとばれてしまうかな??
とにかく、納得いくレベルには仕上がりました。

「つづく」
スポンサーサイト
微妙なマジシャンしんじ
マニアック?ネタ
0 0

thema:おいしい店紹介 - genre:グルメ


comment
comment posting














 

trackback URL
http://seifunagomi.blog92.fc2.com/tb.php/156-c2c9b5d0
trackback
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。